• トップページ
  • 医院紹介
  • 診療案内
  • 内視鏡検査
  • 交通案内
  • デイケアセンター

在宅支援診療所

特定健診・保健指導

デイケアセンター

トップページ > デイケアセンター

デイケアセンターとは?

ゆうこう内科クリニック デイケアセンターは、通所リハビリ・予防介護通所リハビリ施設です。
(介護保険を利用します)

当デイケアは3.5時間です!!
  • 短い時間で集中したリハビリが行えます。
  • お昼からは家事をしたい→午前の部、朝は苦手→午後の部・・・と、利用時間を選べます。
  • 少人数制ですので、アットホームな環境で、のびのびと一人一人にあった時間提供が行えます。
通所リハビリとは
  • 集団生活の中で、それぞれの方が、仲間と一緒に楽しく身体機能の改善及び維持を目指し、リハビリをする施設です。
  • 家で閉じこもりがちな方に対し、社会参加の促進と心身の活動性の改善を通して、生活の質(QOL)の向上を利用者様と一緒に目指して行きたいと考えています。

対象者

  • 退院後で、継続したリハビリを希望される方
    (脳梗塞後遺症・パーキンソン病・大腿部骨折術後・脊椎管狭窄症、など)
  • 関節の痛みや筋力低下などで歩行困難な方
    (変形性膝関節症・リウマチなどの疾患で痛みで筋力が落ちたと感じる)
  • 今の身体機能を維持されたい方
  • 認知症と思われる症状のため、閉じこもりがちであったり、身体機能の衰えが認められる方
  • 自宅での入浴が困難である方(機械浴を利用する事もできます。)

ページトップへ戻る

利用時間・一日の流れ

ご自宅までの送迎にて、3.5時間で無理なくリハビリを行っています。 午前の部9:30、午後の部14:00からの2部制に分かれています

午前の部 午後の部  
9:30 14:00 デイケア到着
バイタルチェック(その日の体調管理を行います。)
9:45 14:15 リハビリ体操(準備運動を全員で行います。)
10:00 14:30 個別リハビリ開始
(個別にあった状態のリハビリメニュー作成にて実施)
※理学療法士・作業療法士によって訓練が行われます
実施例・・・脳梗塞にて左片麻痺・腰痛あり
(生活の不安を聞きながら訓練を実施していきます)

1.可動域訓練
2.ストレッチ
3.筋力増強訓練
4.歩行訓練
5.応用歩行訓練
6.バランス訓練
7.プーリー(上肢の訓練)
8.エルゴ(自転車)
9.物療(マイクロ波)・・・疼痛のある方
10.レッグプレス(介護予防マシーン)
11.マッサージチェアー
12.入浴(希望者のみ)

※全員の体の状態を診て筋肉の緊張を解してから訓練に移ります。
12:00 16:30 食事(午後の部はティータイム)
12:30 17:00 リラックスタイム
13:00 17:30 送迎開始

ページトップへ戻る

当デイケアセンターの思いと役割

当デイケアセンターでは、「年を取っても、たとえ障害があっても生きててよかった」と思えるようなリハビリテーション介護を行っていき、ADL(基本的日常動作)の向上を利用者様と一緒に目指していきたいと考えております。

介護の必要な利用者様が、専門知識のあるスタッフを活用し、自己の意識の中で自分の生活を決定し人生の主役になれるように、リハビリを通してお手伝いする事が当センターの役割であると考えています。

施設見学

随時、施設見学を承っております。気軽にご連絡ください。

担当
出塩(イデシオ)
連絡先
078-915-1411

※当センターでは、個人情報保護規定に沿って患者様の情報を適切に扱っております。

ページトップへ戻る

神戸市西区のゆうこう内科/内科・消化器科、リハビリテーション科、通所デイケア

Copyright © 2011 医療法人社団友幸会 All Rights Reserved.